News

Digital Single 「ひとりひとつ」2021年2月24日(水)リリース! 2021/02/24

この度、デジタルシングル「ひとりひとつ」をリリースいたしました!

琴音が10代最後となる2021年最初のリリースは、メロディと歌詞がその歌声を最大限引き出すベストマッチを追求した3部作を制作。
サウンドは新旧ジャンルのくくりを超えた名曲、名フレーズの力を借り斬新かつダイナミックにアレンジ。歌詞は人が背負う悲しみや哀れみ、苦悩や葛藤の先にある僅かな希望への願いをテーマにした3部作となっています。

さだまさしさん「防人の詩」に続く2作目は、多くの人が聞き覚えのあるフレーズのクラシック「シシリエンヌ」を音楽プロデューサーチームBUZZER BEATSのSHIMIさんがアレンジ。歌詞は独特の言葉センスでうちに秘めた心情を切り取るシンガーソングライター山崎あおいさんが書き下ろしました。

<琴音コメント>
今回、歌い方を考えていく中で、少女のこじんまりとした雰囲気や純粋な気持ちで問いかけてくる様子がこの曲に合っていると感じました。
そして曲中、全体としては少女感を意識しながらも、時折大人になりかけているような少し影をもった部分を盛り込みました。
山崎あおいさんの疑問や俯瞰的なニュアンスを多く含む歌詞と合わせて、万物の美しさや温かさ、切なさや影の部分を感じて頂ければ幸いです。


<山崎あおいコメント>
昨今、心が暗くなるような話題が続くなか、無理にでも明るくいようと気負ってしまう人も多いのではと思います。
しかし自然に生きる花や鳥がそうであるように、人もまた、ありのままの姿が十分に美しく、素晴らしいはずです。
ひとりひとつ持って生まれた自分の美しさに気付き、背負った荷物をそっと下ろしてあげられるような歌詞を目指し、制作いたしました。


■山崎あおい
札幌出身
シンガーソングライター 作詞・作曲家
高校在学中にYAMAHA主催のコンテスト「The 3rd Music Revolution」に出場し、グランプリ&特別審査員賞をW受賞。
これをきっかけに自作楽曲が地元札幌を中心に企業CMやTV番組主題歌などに使われるなど注目を集め、2012年8月メジャーデビュー。
透明感のあるピュアな歌声と、リアリティをもったセンチメンタルな歌詞が同世代をはじめ、幅広い層の男女に支持を受けている。
また、AKB48を始めとする女性アイドル好きであることを公言し、日々の出来事や趣味の妄想、自虐ネタなどを綴るブログ「シュール イズ ビューティフォー」やTwitterでは様々な顔を見せている。

■SHIMI from BUZZER BEATS
HIP HOPプロデュースチーム BUZZER BEATS、そしてクリエイターチームDivision Of Creatorsのメンバーとして数々のアーティストのプロデュース、トラックメイキングを⼿掛ける他、レコーディング・エンジニアとしても数え切れない楽曲数のミックスを手掛け、近年では幅広いジャンルで活躍する。
現代のプロデューサーとしては、もはや必要不可⽋な要素でもある”最終的な⾳作りのクオリティ”とエンジニアとしては、⾳楽的な理解力と独自のセンスを合わせ持つ。
音楽ジャンルを筆頭に、インディペンデントとメジャー、地域性、あらゆるものがボーダレスとなってゆく現代のニーズにフィットしたプロデュースワークで、数多くのアーティストからの絶対的信頼を受ける中、オファーは常に途絶えることがない。



Digital Single『ひとりひとつ』

■2021年2月24日(水)リリース
作曲 ガブリエル・フォーレ 作詞 山崎あおい
編曲 SHIMI from BUZZER BEATS

▼ストリームング&ダウンロードはコチラ▼
ひとりひとつ